張りネズミの意味って?(ハロー張りネズミ)

ハロー張りネズミの張りネズミの意味が知りたい人も多いのではないかと思います。

ハロー張りネズミの張りネズミの意味が知りたい方のためにお伝えします。

ハロー張りネズミの張りネズミの意味って?

ハロー張りネズミの張りネズミって言葉、気になりますよね。

針ネズミではなく、張りネズミって一体どういういみなんでしょうか。

調べてみました。

 

張りネズミは、『張り寝ズ視』のことをいうそうで、寝ずに相手の尾行することを言うそうです。

 

主人公も、ハリネズミというあだ名で呼ばれていましたが、

ハリネズミのような髪型と、「張リ寝ズ視」から、「ハリネズミ」のあだ名で呼ばれているそうです。

ハロー張りネズミのあらすじ

東京都の板橋区、下赤塚でひっそりと佇む「あかつか探偵事務所」。

お気楽所員の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は、事務所の下にあるスナック「輝(キララ)」にて、

今日ものん気にバイトの萌美にちょっかいを出していました。

 

そんな時、天井からドンドンと音が響きます。

さらに三回ドンドンドンと響き、それが所長の風かほる(山口智子)から依頼の合図だと気付きます。

五郎とグレは、急いで事務所へ戻ります。

 

昼間から酎ハイをあおるかほるに悪態をつかれながら迎えられ、

二人は事務所に尋ねてきた依頼主と対面します。

 

川田という男の依頼は、なんと、一ヶ月前に亡くした娘を探してほしいというものでした。

その話を聞いた五郎とグレは……。