過保護のカホコさん動画1話を見逃した方へ配信情報!

過保護のカホコさん、楽しいですよね。

そんな過保護のカホコさんの1話を見逃した方へ動画の配信情報をお伝えします。

1話を見逃した人、動画配信はこちらですよ♪

 放送前のため、編集中

(放送前なので編集中です。放送後にまた着てね♪)

過保護のカホコさんあらすじ

大学卒業を目前に就職試験に落ち続けている一人娘・カホコ(高畑充希)の将来を心配しているのは、

保険会社に勤めている根本正高(時任三郎)です。

両親から溺愛されて育ってきたので、

母・泉(黒木瞳)がいなければ朝起きることもその日着る服も選ぶことができないほどに超過保護に育ってきました。

まさに、奇跡の箱入り娘です。

 

娘以外に関心がない子供に依存する妻に危機感を感じますが、

自分自身もニコニコと笑いかけてきてまるでお姫様のようなカホコを甘やかすことをやめられません。

 

ある日、画家志望で一緒の大学に通う麦野初(竹内涼真)から突然、

「お前みたいな過保護がいるから日本が駄目になる」と言われたカホコは、

初めて自分に向けられた棘のある言葉にショックを受けてしまいます。

 

泉の実家で親戚一同が集まり、カホコの誕生日会が開催されます。

自分たちの教育方針に疑いもせず、カホコを甘やかして育てた大人たちが集まります。

カホコの従姉妹で高校生のイト(久保田紗友)はチェロの才能に恵まれ、

プロのチェリストになる夢に邁進していました。

 

自分には自慢できるものがないカホコは、そんなイトをどこか羨ましく思い、泉は面白くありません。

正高のコネで入社できると思っていた会社からは不採用を言い渡されてしまい、

泉から就職せずに花嫁修業をすればいいと言われて、就活をやめてしまいます。

 

カホコは以前初から投げられた「何のために働くのか?」という問いに答えが見つけられないでいました。

改めて初に働く目的を問い返しに行きます。

自分の絵の才能と将来に不安を感じていた初は、カホコの透き通った瞳に答えられずに、

苦し紛れに「働いたこともない奴にはわかるわけがない」と、

労働経験のないカホコに自分のアルバイトを押し付けますが…。

この初との出会いが、今まで眠っていたカホコの「本当の力」を目覚めさせて、家族に隠れた問題を次々と解決していきます。

過保護のカホコさん感想

高畑充希さん演じるカホコさんは、ずっと甘やかされて育ってきたんですね。

そういう人ってあまりいないようでもしかしたら結構近くにいるのかもしれないですね。

自分に向けられた初めての棘のある言葉、ショックでしょうね。

 

普通、ずっと甘やかされて育ってきたら打たれ弱いものだと思います。

でも、カホコさんはそういったことを乗り越えて一人前になっていくのでしょうね。

楽しみですよね。

 

高畑充希さんの潤んだ瞳は純粋なカホコさんの役柄にすごくマッチしていると思います。

ドラマの内容を知ったとき、適役だなぁなんて思いました。